The Addict

Sinister smile veiled in smoke,

The mind’s eye is mistaken.

I am the addict,

But it feels so good.


言ってしまったらヤバいと思われるのは承知ですが、ドラッグを使う人間です。大学に入ってからのことです。高校までは本当に「Straightedge」みたいな人生を送ってきたけれど、今のところに入学したら何か変化が起こりました。

因みに、「Straightedge」というのは、ドラッグやアルコールをぜんぜん使わないことです。「真面目」の意味も含めています。

私は高校までの生活を考えると、日曜日は教会に行き、学校では必ず自分のベストを出すために頑張るという無邪気な存在です。

じゃあ、大学に入るって何が違うの?ということですね。

基本的に、Success「達成」を定義する方法が変わったと思います。いわゆる、I lost the ability to judge successです。大学に入るまで、私は両親とか教会の人とかの賞賛を求めていたのです。そして、入学したら授業があまり面白くなかったり、教会に行きたくなかったり。成績のほうは問題なかったけれど、「意味なくない?」という文句が心の中に残っていました。

つまり、自然にPleasureを得ることができなくなったのです。若いころはずっと「こういうことを頑張ったら、嬉しくなれる」と言われて育っていたので、きっかけがなくなったら、喜びも消えてしまいました。

ドラッグを使うのは自分自身が人生を楽しめていない証だと思います。私の場合は、ハッピーになるためじゃなくて、ただ憂鬱を一時的に静めるためにいろいろな毒を味わってきました。けっきょく、いやでした。

自分は達成をどんな風に定義するのですか?

Advertisements

黒雪

散り舞ってきた

あの無月の夜に。

灰色の雪花に街が真っ黒に染められていく

どこが道か、どこが公園か分からないほど。

家の中に籠った人は

別に困ってはいない。

電灯をつければ良いと思い

単なる4畳の領土を守ろうとする。

世界がどうなろうと

構わないくせに。

降り続ける

降り続ける

左川ちか「出発」

私は冬休みが終わり、大学に戻ったところである。大学というのは「学ぶところ」のように考えられるので、実家から離れたとったん、また勉強しなくちゃという義務が私に付けられてしまった。

先学期、日本のAR詩について話してくれる先生がうちの大学に尋ねた。私は詩に興味を持つので、その方に話しかけに行った。得たのは、山ほどの詩人のおすすめだった。I’m so luckyと思ったもんです~

今日は一人のおすすめいただいた詩人の作品について書きたいと思っている。

左川ちかは1911年に北海道で生まれた。近代詩の中で、左川の詩はアバンギャルドと考えられ、「女性」や「生活」が多くの主語になっている。24歳という若さで亡くなったが、左川の詩は何回読んでも分からないほど深いという特徴がある。私が読んだのはこの「出発」です。

出発
 
夜の口が開く森や時計台が吐き出される。
太陽は立上つて青い硝子の路を走る。
街は音楽の一片に自動車やスカアツに切り
鋏まれて飾窓の中へ飛び込む。
果物屋は朝を匂はす。
太陽はそこでも青色に数をます。
 
人々は空に輪を投げる。
太陽等を捕へるために。

https://sagawachika.jimdo.com/

読んだ後はたくさん調べなければならなかったのだ。どこが出発なのかいまだに分からずにいるが、それでもこの詩を好きになった。

かなりの抽象的な詩だが、読んだらなんか日常生活のことを表しているかという印象がした。窓から街を眺めながら書いた感じ…

最初の「夜」と最後の「太陽」が対照していることにも意味があると思った。左川は一日、それとも人生という期間が短いと思わせたかったかもしれない。夜だと車も走らないし果物屋は絶対にやってないから「太陽を捕まえよう」としている人間はその「日」を長くしようとしているわけだ。

左川はガンで亡くなる前、長い間入院していたという。その間、何回か「今日…終わってほしくない」と思ったことがあっただろう。「平凡でもいいから、ただ生きたい」という希望なんです。

カエル

ゲロゲロ
跳んだりするヤツ
ゴロゴロ
一日を池でゆっくり
ペコペコ
だと虫を食べる
ニコニコ
するヘビから逃げろ!

How simple it would be… to be a frog and nothing more!

The Problem With Living Forever

Do you want to live forever?

This question comes up frequently at gatherings, particularly when all parties involved have run out of interesting things to say.

I know that much has been said on this topic already; however, as a member of the rising generation that will have to deal with supporting the aging population, I think it’s valid for me to speak a little on the issue with prolonging the human lifespan.

Doing a quick Google search, you can find many articles online which predict that coming advances in medicine or genetic modification will eventually lead to the dream of immortality coming to the consumer market sometime in the next century.

What a great opportunity! To live forever… to see the world a thousand times over, read all the words you could ever hope to find, meet all kinds of people and learn their stories.

It seems like such a blessing: to finally have all the time in the world to experience everything you have been missing.

However, whenever I find myself on the receiving end of this contrivance that passes as a “conversation starter,” my answer to the question is a resounding no.

Even if there was a way to prevent the degeneration of the mind and body, an endless life would still be an undesirable and haunting experience.

I draw my reasoning from the stints I have had dealing with trauma in life. I concede that I am a young man and do not have the wisdom that comes as the brain ferments over the years.

However, while I admit that I am not wise or wrinkled, I can rely on the words of those who come before me. According to them:

Life is hard, and it ain’t getting easier.

From a religious understanding (I will choose the Christian, as with it I am the best versed), we live in an imperfect world and death is just one of the many evils which plague us. At the same time, however, death is what ultimately liberates us from the suffering we inevitably face.

Life is hard. Even people born into unthinkable wealth and prestige find it impossible to say that they have escaped the pain, sadness, stress, and hopelessness that fills our world.

Whether it is a war at your doorstep or a dear pet lost, trauma forms scars on our psyche which persist throughout the years. You remember all the moments you failed, all the people you made upset, all the loved ones you lost because your brain is hard-wired to do so. Remembering the bad times makes it easier to deal with future struggles; however, as we see with conditions like PTSD, too much remembered trauma is dangerous to our well-being.

Living forever would give you infinite opportunities to experience life. This means facing immeasurable trauma as well. We have seen the effects of overexposure to trauma and they include depression, anxiety and suicide. If people can find themselves overtaken by the ghosts of past trauma when limited to a lifespan of only ninety to a hundred years, how much more miserable will be the first people to live to five-hundred?

I would never choose to live forever. Even in my short twenty years I have witnessed how traumatic experiences can still haunt you years or decades after their occurrence. I can only guess how unbearable a live of infinite years would become. Even the sweetest moments would be tainted by the memories of broken promises, lost loved ones, and stressful happenings.

Death is the natural limit that frees us from our ghosts. I suggest dying could also be thought of as a long-awaited liberation for a brain tired of dealing with itself.

A very informative video that speaks on this issue.

The Artist’s Condition

手に持ったペンが白い紙に触れた瞬間、

そこから新たな世界が広がっていく。

私もそこに入ってみたいと思ったら、

ペンが動けなくなるだろうと気づいた。

だから、遠くからそれぞれの世界を造り続ける。

手の元にある窓からひとりぼっちで次々と見送る。

The role of an artist is one of infinite loneliness. It is to create a work or world to be shared but never truly understood: to give form as a god but be restricted to the limitations of your own existence.

I’ve often thought of trying to immerse myself within a world I write. Using creativity to escape the drab and ordinary. However, I realized that, should I enter my work, the pen building the story would cease to be moved.

Thus, looking through a screen at the tip of my fingertips, I watch my galaxies unfold from big bang to heat death. Then I grab a soda, rub my eyes, and think about paying the bills. From creator to cog, the pendulum swings, incessantly reminding us of our size in the universe.

わたしは山下達郎の大ファンです

What a man!

私が生まれたのは10年ほど遅かったと思うこともある。自分が若過ぎて経験することができなかったものに不思議な力があるように考えるからだ。うちの親に「懐かしい」といわれるのは、やっぱり私にとっても価値のあるものになるだろう。

しかし、本家(育てられた場所)だから好みに合わせるということだけじゃないと思う。日本に留学したときに私はホストファミリーにも耳を向けたようだ。青森のじじとばば(All my host families were older couples)のなまった昔話に惹かれずに1年も過ごせていたわけじゃないよね(笑)

うちの親なら声の低くて、60年代に人気だった歌手が好きらしい。人類学者をパパのクローゼットに派遣したら、ホコリのほかに何百枚かのCDが発見されるだろう。Bob Dylanとか、Dean Martinとか、パパは渋い歌手を聞くのに限っていたと人類学者に判断されるに違いない。

私はその音楽を耳にしながら育ってきた。親の好きなアーティストの中、私が生まれた1998年まで活躍していた音楽家は滅多にいないが、私も「好き」と言っていいよね?ライブを自分自身で見たわけがないけど、ママにQueenのコンサートの話を聞くと私もその年代を過ごした気がする。

同様に、私が青森県に住んでいた一年の間、ホストファミリーの元でまた育てられていた。日本語を先生なしでゼロから学ぼうとしていた(This is a VERY difficult way to learn any language, I do not recommend it for the light of heart!)ので、まるで赤ちゃんの存在に戻された気持ちだった。前回と違って、今回のベイビーマイケルは始めてから歩くことや食べることがまあまあできていたため、成長スピードが速いそうだった。

Do babies know their favorite genre of music?

幼児のレベルで話すことさえできずにいるままで自ら好きな音楽を決めるわけではないから、ホストママが力になってくれたのだ。

田舎のばばの姿をしていたのに、本当はディスコダンサーだった。紹介してくれたのはこの下にリンクされている「山下達郎」さまの音楽。

~This is my favorite album of his~

「ヤマタツさんのファンです」と同年の友達に告白すると「カッコウつけてるな~」と言われることが多い。

カッコウなんかじゃない。こんなように育てられたのだ。